今週から大学が再開しました

少しずつ涼しくなってきましたね。

私は大学の非常勤講師のお仕事をいただきながら、こういった作家活動をしております。

今日は少し大学のお話を。

今週から後期授業がスタートしました。

前期の授業は全てオンライン授業でしたが、後期になって対面の授業の許可が出るようになりました。

大学内では感染対策が厳重に行われています。京都産業大学でクラスターが発生した前例では、その後の対応に相当苦慮されていた様子でしたので、リスクを減らすことに対してできる限りのことをしています。

対面の授業とはいえ、学生間の距離にもガイドラインが設定されており、その中で技術的な指導がある講義はなかなか難しそうだなー、、というのが今週の感想でした。(そんな期に限って受講学生が多いという)

とはいえ、せっかく許可が降りた対面の講義、私もできる限りの用意をしていい作品を一緒に作っていけるように頑張りたいところです。




写真は授業に向けて作ったサンプルです。

一つめの青い素材でできたものですが、これはワックスと言いまして、蝋燭のロウのような特性を持っています。(金属よりも柔らかいので加工が簡単!)

これを鋳造することでこのワックス原型と同じ形状の金属を出力できるわけです。普段私が作っているものはこうやって作っています。

自分の頭で描いたイメージ通りに作るにはやはり技術が必要なわけですが、サンプル作りはその練習にもなりますし、学生に伝えるべきことがハッキリしてくるので、丁寧に作り込んでいきます。





2つめはワックスではなく、地金を直接叩いたり曲げたりして加工した石枠に石を止めた物です。その上にマンチカンモチーフのワックスで作ったチャームを載せています。この猫シリーズ、ジュエリーとしてはまだデザインしていませんが、いずれリリースしたいと思っています。。猫を愛してやまない皆さま、どうぞお楽しみに。。

若干脱線しましたが、ジュエリーを作る技法はワックスだけではないので、こういった加工方法の基本も伝えていって、ますはジュエリーを作るという奥深い世界の入り口を見せていき、好きになっていってもらえればなと思っています。。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。